日記

妨害人をからかうという品行は人として最低

まだ昔の部分、近くに今にもひずみそうな家で靴やちゃんを通していたオヤジが居たのですが、見るからにビンボーですなと窺える家で、ショーときの中にも靴が4,5部分しかなく、良くやっていけるなとおもう店頭でした。母親が亡くなった後はお姉ちゃんが合計やっていた様に覚えています。現在思えばそちらのオヤジは車椅子で乗り物が悪かったのでしょう、僕が身近と外で遊んでいる時は必ず、そちらの今しがたを通りました、何方からというラクラク、そのわが家の今しがたでやれびっことかビンボーとか大声を出しながら終えるのでした。昔、現在思えば本当に悪いとは思っていなくて何でこんな事をしていたんだろうと思います。それも段々エスカレートして行って、通り抜けるのでは無くそこういう靴やちゃんの周囲で、びっこ、びっこなどとても酷い部分ばかり言い続けたのです。随時オヤジが本当に頭に来たのでしょう、車椅子から起き上がる応対を見せましたが、どうせ追っかけて欠けるだろう、ぐらいの内面でした、今はもう亡くなっているでしょうが、今でも私の心は詫び起こるのみです。