日記

武士もかわいがりた?ふる里の味、群馬が生んですお切り込み、スパスパ切ります

北関東に位置する群馬県内には、お切り込みと呼ばれる郷土調理が存在します。小麦粉を種としてでき上がるうどんのチームメイトですが、一体どこが普通のうどんと違うのかというと、取り扱う小麦粉に対して来れる水の音量が少ないということです。
だいたい扱うのは普通のうどんの1/3の音量になるため、従来のうどんよりも麺をこねるらテクノロジーが必要になるそうです。そうして作られた郷里を薄くフラットにするのがこういうお切り込みの麺の陰の1つでなぜそういったタスクをするのかというと、こういううどんには後述ゆでのタスクがないからだ。そのため、麺に火が通りやすくするのにこの形態になったとされています。
麺を作れば、あとはキノコやサトイモなどと一緒に鍋に入れて煮込むだけになります。そうすると、塩分を入れたお湯での後述ゆでを行わないお切り込みの麺は、間隔の過程と共に汁の当事者へと溶け出します。それが、小麦粉が溶けた汁に独特のまろやかさを生むそうです。
そして、最後にしょうゆダレや味噌ダレで味付けをするというのがこの土地の慣行だ。昔はしょうゆダレで味付けするのがあたりまえだったそうですが、味噌ダレが登場してからはうどんの味付けのレパートリーが増えて最近では、しょうゆと味噌を混ぜるのが多いそうです。
ちなみに、こういうお切り込みという称号ですが、切った近辺から麺を鍋へと放り込んですことが本家だそうです。もしかすると、昔の群馬県民は、待つということが嫌いだったのかもしれません。